旅音その12 千葉

成田空港

その12
千葉(2007年09月19日〜2007/09/21)

主な音>

佐原を自転車でゆく
伊能忠敬の偉業
古い町並み
ジャージャー橋
成田を歩く
着陸
離陸
空港のざわめき
ターミナル1
浦安市郷土博物館
井戸
ベカ舟のりば
ベーゴマをする子供たち
舟への思い
貝をむく

メモ>

千葉の電気屋で半壊したPHSを機種変更する。モバイルとして使用できる機種にしたので使い方などを半日かけて覚え、日が暮れる。翌日、佐原に行きレンタサイクルで古い町並みを走る。伊能忠敬の偉業に感心しつつ町音を録音。樋橋(通称ジャージャー橋)は一定間隔で橋から水が流れ出ていた。渡し船に乗ってみたかったが、ある程度水かさが増えてくるのを待つ必要があったので断念。世界への窓口、成田空港へ移動。成田は東京じゃなく千葉県ですよと。空港ではいろんなドラマがありそうで妙にワクワクする。ターミナル1の見学できるスペースで離陸、着陸待ち。隣では10数名の方が飛び立つ飛行機を見ていた。迫力のあるジェット音。浦安に移動。バスに乗り浦安郷土博物館に。これまでいろんな郷土館に行ったが最も整備されて綺麗だった。展示内容も面白く、出口付近には浦安に在住の方々の写真があり、各人にまるで格闘家のようなコピーがつけられていたりした。昔の浦安を再現したエリアでは子供たちがベーゴマをしていた。

そしてついに花の都大東京へ。
タグ:千葉 旅音
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。