餃子好きにはたまらない(栃木)

宇都宮にて餃子を
宇都宮餃子館にて。全部具が違うんです。
タグ:栃木 旅音
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅音その9 群馬

わたらせ渓谷鉄道

その9
群馬(2007年09月16日〜2007/09/17)

主な音>

前橋
萩原朔太郎
伊勢崎
島田商店のもんじゃ焼き
桐生
桐生織物記念館にて1
桐生織物記念館にて2
ノコギリ屋根
桐生川
わたらせ渓谷鉄道
大間々
渡良瀬川
高津戸峡
ゴリラ岩
ポットホール(甌穴)

メモ>

前橋。広瀬川を横目に萩原朔太郎記念館に。彼が作曲した音楽やマンドリンを鑑賞。伊勢崎に。子供に人気の伊勢崎もんじゃがあると知り、島田商店に。200円ほどで十分に楽しめる優しい値段設定。女の子一人と、女の子二人組が先客でした。僕はベビースターをトッピングして食す。ちらちら見られてる。食べ方が間違ってるのかな?続いて、織物の町、桐生に。無料レンタサイクルですっ飛ばす。桐生織物記念館にて館長から色々なお話を伺う。そして旅のことを言うと展示してある織機を館長自ら動かしてくれたのです。ありがたいことです。桐生川の河原で転げながらも音録り。わたらせ渓谷鉄道で大間々に。高津戸峡を渡り渡良瀬川ぞいを歩く。ゴリラ岩やポットホールに出会う。駅に向かうと線路をおばさんが歩いている。その後も数回そのような光景に出会うわけだが、僕はそれを心の中でスタンドバイミーとよんでいる。

そして、栃木へと。
タグ:旅音 群馬
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もんじやき(群馬)

もんじやき
伊勢崎のもんじゃ焼き屋「島田商店」は子供たちにもやさしい値段設定で美味し。
(この日も女の子たちがおしゃべりしながら食べていました)
タグ:旅音 群馬
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタンド・バイ・ミー(群馬)

スタンド・バイ・ミー
ちょうくちょく出会う、こういう場面を僕は心の中でそうよんでいます。
タグ:群馬 旅音
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅音その8 新潟

佐渡の海
その8
新潟(2007年09月14日〜2007/09/16)

主な音>

新潟
新潟の朝
フェリー
鳥たち
佐渡をドライブ
二ツ亀
大野亀
よさこいに遭遇
三条の鍛冶職人たち
たたら
炎の声
和釘を打つ
長岡
山本記念公園
おぐま珈琲店

メモ>

実は幼い頃に新潟で過ごしていた時期があり、小学生にもなっていなかったのだけど、公園で遊んだり、親に怒られて怖い話をされたり、隣の家が火事になった記憶がおぼろげにある。そういう意味で懐かしいというか、ああこの土地に住んでいたんだなと言う不思議な感覚に包まれた。考えた末、佐渡に向かう。こんな機会なかなかない。フェリーでは鳥たちにごあいさつ。短い滞在では交通手段が車しかなかったのでレンタカーを。素晴らしく青く美しい海、触れたい、泳ぎたい、と言う気持ちをグゥッと抑えて音を採取。9月15日。まだまだ暑い。歩くたびに汗が噴き出る。ジェンキンス氏は観光課で働いていておみやげ屋によくいるそうだ。佐渡。もうちょっと観たかった。翌日、宿を出るとよさこいの祭りに遭遇。鉄を叩く音が録れたら良いなという思いつきから三条の鍛冶工房に飛び込みで行く。なんと、年に一度の砂鉄から鉄を生成する日であり、たたらを作って鉄の誕生を実際に昔ながらのやり方で行っていた。なんというタイミング!しかし、鉄を叩くということはその日の予定になかった。職人さんの一人が他の工房で作業をしているかどうかを町中探し回ってくれたが、ない。たたらの音を録る。作業や町の説明、鉄に対する並々ならぬ思いを聞く。それが何とも言えないロマンの固まりだった。そして、なんと、僕のためだけに鉄を打ってくれることになり、その場で和釘を作っていただいた。そしてそれを頂く。この経験はこの旅の大きな転機となる。土地土地の伝統的な文化、職人の方にも会ってみようと。創る、残す。そう言うことをマジマジと考えた。続いて、長岡に行き、ホルモン定食を食べた。新潟では、ここまでで一番声をかけられた。(旅ですか?とか、どこから来たの?とか、荷物重そうねとか)ああ新潟よ。

そしてとうとう関東。群馬に。
タグ:新潟 旅音
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄はロマン(新潟)

北三条の鍛冶職人
ダメもとで飛び込んだ北三条の鍛冶の工房。
なんと、ものすごく丁重にもてなされて、さらに炎と鉄の音を教えていただく。
これを機に、多くの職人さんに会い、素晴らしい技とお話を見聞きすることになるのです!
タグ:旅音 新潟
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりよとりよとりたちよ(新潟)

佐渡へ
佐渡のお土産パンフレットには外国人の写真が。
あ、ジェンキンスさん。
タグ:新潟 旅音
posted by amt | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。